2006年12月28日木曜日

戦術: プレイスタイルのヒント

「ヒント」より。


  • 絶えず戦術を変えたり プレイスタイルに劇的な変化を施すことは 選手にリズムを失わせチームのパフォーマンスに悪影響を与えることになるでしょう。

  • 数多くの選手に高いレベルの創造性を許してしまうと あなたが指示した戦術に沿ったプレイが出来なくなる可能性があります。最大の効果を得るためには創造性を控えめにしてください。

  • パススタイルとテンポは互いに関連しています。ショートパスは遅いテンポと組み合せると効果的であり 一方ダイレクトパスやカウンターアタックは速いテンポと組み合せる必要があります。

  • ボールを支配してテンポを自由に変えるサッカーを目指す場合 ゴールキーパーのボール配分をショートに設定し近くの選手にボールを供給することが成功の秘訣です。

  • ソフトな または普通のタックルを試合で行うと警告やレッドカードを受けるリスクが減少します。これは特に反則に厳しい人物が審判を務めている場合に有効です。

  • プレスを掛けるとしばしば相手選手をプレッシャーのかかった状態に追い込みます。しかし優れた選手であればプレスの隙をついてあなたのチームを危険に陥れることがあるので注意が必要です。

  • ディフェンスラインの後ろに大きなスペースがあいている場合センターバックのメンタリティを「超守備的」に設定するかディフェンスラインをもっと深くしてください。

  • 強豪チームと対戦する場合 カウンターアタック戦術を採用すれば 思わぬ好結果を得られるかもしれません。この戦術はアウェイでの試合で特に有効です。

FM2008

  • 戦術画面中の矢印は、チームがボールを奪った際にその選手が動くべき方向を示しています。メンタリティーもポジショニングに影響を及ぼすため、選手が動く方向を設定する際はその選手のメンタリティーを考慮してください。

  • 左利きのストライーカーを右の攻撃ポジションに配置すると、その選手の得点のチャンスが増えることがあります。また、ストライカーを交代すると相手選手が彼らに対してマンマークしづらくなります。

  • ピッチの面積に関してグラウンドの管理人と相談する際は、チームのプレイスタイルを考慮することが重要です。横幅が広いピッチはウイングを活用するチームには向いているものの、狭く中央を突破するスタイルのチームには不利となるでしょう。

0 件のコメント: