2007年1月7日日曜日

移籍契約: オファーのヒント

「ヒント」より。


  • 移籍リストに記載されている選手は通常格安で獲得することができ契約も容易です。

  • 他クラブの選手と長期契約を結ぶ場合 選手の評価額以上の金額を支払う覚悟が必要です。(※1)

  • メディアを通して他チームの監督を褒めたり彼らと友情を築くことで その監督たちのチームに所属する選手への移籍オファーが受理させる可能性が高くなることがあります。

  • 公然と他クラブの監督を非難して敵対関係に陥ると 彼らのクラブに所属する選手への移籍オファーが受け入れられる可能性が低くなります。

  • あなたのクラブに興味を持っている選手と契約したい場合、時には「獲得意思の宣言」をして選手を動揺させ長期間をかけての契約可能性を高くすることが出来ます。

  • 他クラブに所属する選手のプロフィールを表示中に アクションパネルから「選手への働きかけ」を選択すると獲得意思の宣言を行うことができます。

  • 負傷中の選手を他クラブからオファーしても 選手が負傷から回復するまでは クラブが興味を示すことは滅多にありません。

  • 緊迫した理事会買収の最中での移籍禁止措置は、買収問題が解決するまでクラブが新しく選手を獲得する事を防ぎます。

  • 灰色表示された架空選手にもあなたのチームからオファーを出すことができます。知名度の低いクラブを監督していたり選手を必要としている場合にこの方法は特に便利です。

  • 移籍期間の最終日にはクラブに駆け込み契約のチャンスを与えるため ゲーム内時間がより定期的に停止することがあります。


※1:「選手が他クラブと長期契約を結んでいる場合 選手の評価額以上の金額を支払う覚悟が必要です。」ではないのかな。。?

0 件のコメント: