2007年1月7日日曜日

移籍契約: 契約のヒント

「ヒント」より。


  • 好きなクラブとして名前が挙げられている場合 選手がそのクラブと契約に至る可能性はより高くなります。

  • クラブが選手の好きなクラブとして 名前が挙げられている場合 その選手との契約に 成功する可能性はより高くなります。

  • 選手と契約条件に付いて交渉する場合 追加ボーナスがどの程度クラブの財政に影響を与えるかを考慮する必要があります。

  • 24歳以下の自由契約選手と契約交渉する場合 獲得クラブは放出クラブに対して補償金を支払う義務があります。

  • 選手が資格を有している場合に限りユース選手に将来自動発行するフルタイム契約をオファーすることが可能です。

  • 「契約無し」と表示されている選手とは シーズン中いつでも契約することができます。

  • 選手が他クラブへ自由移籍するのを避けるには 契約の最終年にあたっている選手との契約を更新する必要があります。

  • トライアル中の選手には 公式戦でのプレイは認められておらず 親善試合またはリザーブチームの試合への出場資格しかありません。

  • 選手が推薦した選手と契約すると 推薦人である選手との関係が強化されます。

  • 選手が推薦したスタッフと契約すると 推薦人である選手との関係が強化されます。

  • セミプロクラブを監督している場合 トレーニング時間を極限まで増やすために キープレイヤーとフルタイム契約を結ぶことは素晴らしい戦略と言えます。

0 件のコメント: