2007年1月7日日曜日

選手: チームトークのヒント

「ヒント」より。


  • 試合前の期待はパフォーマンスに影響を与えることがあります。対戦相手との力関係も知らずに選手に勝利を期待していることを伝えると不必要なプレッシャーを与えることにつながります。

  • 負けを予想していることを選手に伝えると 士気の低下を招くかも知れません。しかしチームが負け続けている場合は 選手へのプレッシャーを軽減ですることができ 有益な効果をもたらすことがあります。

  • 選手を常に満足した状態にさせましょう 勝利をほめると士気が上がって全体のパフォーマンスも向上し チームに推進力が生まれます。

  • アウェイでの優れたパフォーマンスには惜しみない賛辞を与えてください。

  • アウェイでの低いパフォーマンスを批判するときは あまり厳しくなりすぎないよう気をつけてください。

  • ホームではファンがあなたに好結果を期待しているので選手への要求を厳しくしてください。

  • 士気が低い場合厳しいチームトークが状況を改善することは滅多にありません。選手を励まし気分を盛り上げてあげましょう。

  • ハーフタイムで自信を高めることは 後半をうまく闘い試合を好転させるために選手たちが必要としていることです。

  • ハーフタイムで適切な指導をして 選手が自己満足に陥らないようにさせます。選手が自分たちの仕事を適切におこなったか しっかりと確認してください。

  • 通常ハーフタイムで選手を無視することは悪い考えですが まれに自身のパフォーマンスに不満を抱いている選手を無視することが後半で良い結果につながることがあります。

  • チームトークは士気の向上に非常に有効ですが常に同じ結果が得られるとは限りません。絶えず同じことばかり言っていると長期的に見て効果が薄れていくことがあります。

0 件のコメント: