2007年5月20日日曜日

戦術: マイコーナーキック設定

【攻撃時】

 ニアへ動く:DC 1名
 GKに挑む:DC 1名
必要なら戻る:DR/L 2名
深い位置から:残り全員

[妄想ポイント]
 CKからの得点シーンの多くが、ゴールエリア、特にニア付近な感触。。かといってそこに選手を配置しすぎると、相手のマークも大勢集まってきてしまい微妙。。そこでチーム内で特に空中戦能力に秀でているDC2名だけをそこに配置。他の選手は深い位置に陣取りマーカーをゴールエリア外におびき寄せ、そこからの走り込みで手薄になったゴールエリアを急襲する。「深い位置から攻撃参加」は各自の判断で動くので狙い所にバリエーションとランダム性がでていい感じ。。

 守備は、スピードと守備能力を兼ね備えるサイドバック2名を残してカウンターに備える。ボールの狙いどころは、キッカーにお任せ。ニアだけでなく走り込みからの得点もたまにあるし、同じ場所ばかり狙っていると相手も学習してくると妄想されるので。。


【守備時】

背高選手をマーク:DC全員
     プレス:空中戦能力が低い選手 1名
    前に出る:FW全員
     下がる:残り全員

[妄想ポイント]
 相手の危険な選手を、空中戦能力とマーキング能力を兼ね備えるDCにマークさせる。他の選手は守備方法を各自の判断に任せるということで「下がる」に指定。しかし、それだけだとニアからねじ込まれるケースが目につくので、空中戦能力が高い選手1名にニアポストをケアさせておく。。ゴール前では余り役に立たなそうな選手1名にプレスさせ、ニアに速いボールを簡単に入れさせないようにする。

 FWはカウンターを狙うというよりは、相手チームのディフェンダーに1人でも多くゴール前からいなくなって貰うことのメリットを期待して前に残しておく。。

1 件のコメント:

管理人 さんのコメント...

守備時のニア対策をニアポストからプレスに変更。
 
ニアポストに立たせても役に立たない場合があり、それよりはプレスさせてニアに直線的な速いボールを入れさせない様にするほうが有効っぽいので。。ついでに背の低い選手の使い道もできていい感じ。