2007年6月3日日曜日

トレーニング: 専用スケジュール

ヘルプには

「すべての選手は個性を持っており各トレーニングスケジュールに対して異なった結果を示す」
「個々の選手に合ったスケジュールを設定する」

とありますが、これまで大抵の選手は汎用のトレーニング負荷にほぼ準じた結果を示していたし、そうでない選手がいたとしてもバックアップの選手だったりして、まあいいかと余り気にして来なかったのですが、今回、チームのエース君にかなり重篤な症状が見られたため、初めて特定の選手のための専用スケジュールを組んでみました。。

トレーニングメニューとのミスマッチを示すエース君。強めにしている4つのカテゴリーの内、エアロビクスとボールコントロールに対する取り組みが著しく低い一方、標準負荷にしている3つのカテゴリーの内、体力メニューに若干関心がある様子。。


特性画面。エアロビクスとボールコントロールに関する能力値に減少傾向が見られる一方、体力、戦術、守備、シュートに関する能力値は上昇傾向。


コーチ陣のトレーニング評価。エアロビクスとボールコントロールだけが低くなる理由は見当たらない。そもそも同じスケジュールをこなしている他の選手には症状は見られない訳だし。。


ということで、上2つの画面から推察される関心の強弱に合わせた新スケジュールを作成、変更してから2ヶ月ほど経過したところ。どうやら気に入ってもらえた模様。。


特性画面。新スケジュールでボールコントロールとエアロビクスにちゃんと取り組むようになったおかげ(?)か、ひらめきとスピードが1ポイントづつ上昇している。


ちなみに3年前はこうだったので、最初から問題があった訳ではなさそう。ということは、トレーニングレベルを定期的にチェックしておく必要がありそう。。あるいは、改善前の特性画面のように、減少と上昇が混在している時が要改善のサインなのかも。。

0 件のコメント: