2007年6月1日金曜日

ヘルプメモ: スタッフ

「チュートリアル」(ヘルプ)より。


  • スタッフを適材適所に配置することは、 選手をそうすることと同じくらい重要になります。

  • 新しく監督に就任した時は常に、コーチ 陣の能力を見極めることが重要になります。能力の低いコーチは選手の強化にあまり役に立ちません。

  • どうしても手放したくないコーチがいれば、新しい契約をオファーすることも可能です。そうすることで、著名なクラブが引き抜こうとしても大金が必要と考え獲得を断念するかもしれません。

  • 有名選手をチームに留めておきたいなら、知名度の高いコーチを雇用しなければならないことを肝に銘じておいてください。

  • (トレーニング-コーチ)コーチにあまりに多くの仕事を押し付けていないか、あるいはその逆に仕事が少なすぎはしないかを見極めることができます。

  • 他クラブとの契約期間がまだ残っているスタッフを引き抜く場合は、補償金を支払わなければなりません。この事態を避けると同時に時間も節約するには、就職斡旋所に広告を出し、あなたのクラブに加入する意思が無いと思われる人物を、選択肢から排除することです。

  • クラブは、所属するスタッフが転職のために自発的にクラブを辞めるときは、再就職先のクラブに補償金を求めることができないのです。一方、他のクラブからスタッフを引き抜く場合は、そのクラブに補償金を支払うことによって、契約の継承権を買い取る必要があります。

  • (スタッフを推薦させる)この方法は新しいスタッフを探す手早い方法であるだけでなく、推薦されたコーチを雇った場合にその選手の能力を引き出せるに違いありません。

  • (スタッフ職種)新しいマネージャーやコーチは最初序列が低くなりがちですが、これは徐々に向上するため、経験不足を深刻に考慮する必要はありません。

  • 多くのクラブを巡ったり他リーグの知識を持つスタッフと働くうちに移籍市場の知識を蓄えていきます。

0 件のコメント: