2007年6月1日金曜日

ヘルプメモ: スカウティング(選手)

「チュートリアル」(ヘルプ)より。


  • 降格を避けるために即戦力を求めていない限り、デフォルトで表示される、調子のデータが契約の際に、大きな判断材料になることはまずないはずです。

  • あなたのチームの戦術的バランスを考慮に入れることが必要です。例えば、チームのおとなしい選手とバランスを取るために、攻撃的な選手との契約を目指したり...

  • 選手データ画面を使って下位のリーグを物色し、自チームのリーグでも通用する能力の持ち主を探し出すのも一手かもしれません。現実のサッカー界では資金不足のチームが 下位ディビジョンのトップ選手を チームに起用して、 より大きな舞台でも活躍してくれることに期待する、 といった光景は茶飯事なのです。

  • 選手との契約交渉を考えている場合、その履歴をあらかじめ調査しておくのは必須事項と言えるでしょう。

  • 長期間の出場停止の記録がある場合、規律上に問題ある選手である可能性が考えられ、上記同様の結論に至るかもしれません。こまめにノートにメモをとるようにしておけば、素行の悪い選手の見分け方がわかってくることでしょう。

  • (世界ランキング)順位の低い国では簡単に代表選手になれるため、その選手の国が低い順位にあるなら、「代表選手」の価値を割り引いて考えるべきです。

  • (選手検索)あなたのチームの母国語を条件に設定することで、その言語を話せない選手は除外されることになり、チーム内の言葉の障壁は取り除かれます。

  • (個人情報)出身地があなたのクラブの所在地と一致している選手を見つけることができれば、自チームに勧誘できる可能性が高くなります。選手がひいきにしているチームを示す「好きなクラブ」の項についてはなおさらです。

  • (個人情報)「肩書」はその選手を一言で表したものであり、契約を検討する際に配慮すべき要素が要約されています。例えば「ねばり強いミッドフィルダー」を獲得したい場合、「肩書」がまさしくこれになっていて、その他の履歴に問題のない選手を見つけられれば、その選手こそが本命になってくれるかもしれません。

  • 選手の年齢、最近のパフォーマンス、満足度や状態、現在の賃金や契約の期限切れ日時のような市場要素に従い、選手の価値を算定しています。

  • (評価額)他クラブにその選手の獲得の意思があるときに金額は上昇し、反対にあなたが一刻も早くその選手を放出したいと考えているならば、金額は下落するかもしれません。

  • 契約のオファーを考える前に他のスカウトに同じ選手を視察させた方が確かな情報が得られますが、監督が各スカウトをどの程度信頼するかに依ります。

  • その地域に関する知識が高いほど、スカウトが持ち帰る情報も有用なものになります。

  • 知識度が低いままスカウトを派遣するのは、単に知識を増やしたい場合を除いては、あまり得策ではないでしょう。

  • 特定の大会からのスカウトを考えているならその大会のディテールレベルを「すべて」にして、詳細情報を手に入れるなど、自由に決めることができます。

0 件のコメント: