2007年6月1日金曜日

ヘルプメモ: スカウティング(試合)

「チュートリアル」(ヘルプ)より。


  • 戦術の決定は、あなた自身の最良のシナリオだけに基づくのではなく、慎重な計画とスカウトの意見にも基づいたものでなければならない、ということにご留意ください。

  • 相手チームの弱点を突くフォーメーションへの変更によって、チームの運命が劇的に変わることが多々あります。

  • 相手チームの全容を把握するにはスカウトに調査させ、選手の特性およびメンタル面を参照する必要があるかもしれません。

  • 例えば、もし、対戦相手に機敏かつ運動量が豊富であなたの守備的な戦術を破る能力のあるフォワードがいるとわかれば、オフサイドトラップを仕掛けても無駄になることがわかります。

  • (リーグ表)「ホーム」と「アウェイ」の表を分析して、戦術選択に役立つパターンを見つけることができます。

  • (主審データ)完璧主義の監督なら、次の試合の主審が反則に厳しく、累積枚数の上限に達するカードでも出すのをためらわない場合、アグレッシブな選手があまりマークされないように注意することでしょう。

  • (故障者リスト)どのクラブのどの選手がどんな負傷をしていて、復帰までどのくらいかかるのかを確認することができます。この情報は、これからの日程の戦術を練るときに、非常に重要です。

  • 得点の多いチームは一見して脅威であるように見えるかも知れませんが、同時に失点も多いようであれば、あなたのチームの攻撃的な戦術を磨き直すことも一手でしょう。

  • フリーキックやコーナーキックなどのセットプレイからの得点が多いチームは空中戦やボールの支配力が強いので、選手個々への指示で深く守るか、空中戦に長けたディフェンダーを投入することが対抗手段となり得るでしょう。

  • 相手クラブが勝利した試合に決まって特定の選手の名前が出てくる場合、その選手は強い影響力をもつことを意味しますので、戦術上で対策を練っておいた方が賢明でしょう。多数のアシストを決めている選手がいるのであれば、マークを厳しくすることで動きを封じ、キラーパスを出せるタイミングを最小限に食い止めるのも一手かもしれません。

0 件のコメント: