2007年6月1日金曜日

ヘルプメモ: 選手管理

「チュートリアル」(ヘルプ)より。


  • たとえ世界最高の選手たちを揃えたとしても、彼らが不満だらけであれば、1勝もできない可能性さえ出てきます。

  • 理由は何であれ、不満を抱えている選手は試合で本来の実力を大きく下回る活躍しか見せてくれない可能性があるのです。

  • 実際問題として、選手が全般的に不満を抱いてしまった時点で手遅れで、不満を解消するには長い期間をかけて選手の状況を改善していく必要が生じてしまうことが多くなっています。選手の懸念が不満として顕在化する前に気づいてやるのが名監督というものなのです。

  • (個人情報)選手にとっての「少し気になる事」および「大きな不安」の項目が設けられています。これらを参考にすれば、問題が深刻化して選手の不満につながり、チーム全体に悪影響が出る前に先手を打って対策を講じることができるでしょう。

  • (個人情報)「好みの人物」の項も重要です。あなた自身、チームメイトもしくはスタッフの誰かを気に入っている選手であれば、より協力的な姿勢となることでしょう。ただし、あなたがチームメイトに人気のある選手に不当な懲戒を科したと見なされた場合、チーム内の一大派閥に不満が沸き起こる可能性もありますのでご注意ください。

  • 選手がチームメイトたちとうまくやっていけている場合、満足してくれる可能性がそうでない場合に比べて遥かに高くなります。

  • 将来使っていく予定のない選手や、問題のある選手に対して他の選手たちが親近感を覚えつつある場合は注意が必要です。その選手をクラブから放出させる必要がある場合、その決断のチームへの悪影響は最小限にとどめたいところです。

  • (選手を推薦させる)推薦された選手を獲得すると、その選手同士は良い関係を築くでしょう。

  • (個人情報)「人柄」の項はその選手が他の選手にどのような影響を与えるかの重要な手がかりとなります。決断力のある人物は周りの選手の意欲を高めてくれるでしょう。一方「普通」な人柄というのは、書類に書けないだけで本当は欠点だらけの人物なのかもしれません。

  • (個人情報)選手の「知名度」は契約に応じてくれる可能性の指標のみならず、チームに入れた場合の態度の目安にもなるでしょう。知名度の高い選手はリザーブで腐らせておいたら不満を溜めていくでしょうし、チームの戦績不振の原因がチームメイトの力不足やあなたの戦術であった場合、そう長くは我慢してくれないでしょう。

  • 選手をユースからリザーブ、リザーブからトップチームへと昇格させ、昇格先に定着できた場合、選手自身にとって大きなプラスとなる可能性があります。頻繁に昇格・降格を繰り返すと選手が不満を覚えてしまう可能性が高くなります(「個人情報」 画面にその旨表示されます)。

  • とりわけプロ意識に欠けている選手や知名度の高い選手の場合、リザーブに落とされることに大きな不満を覚えます。

  • 選手のクラブ内でのステータスは、選手の満足度に影響を与える重要な要素の一つです。

  • もしあなたが選手を、チームにとって不可欠な存在であると認めれば、まずその選手は選手ステータスに見合った賃金を要求してくるかもしれません。次にトップチームでのレギュラーポジションを要求してくるでしょう。言い換えれば、補欠の選手に「重要なトップチームの選手」といった、現実を反映しない選手ステータスを与え、トップチームでプレイさせなければ、選手はすぐに不満を抱くことになるかもしれません。

  • 監督が約束を守らなかった場合、選手は間違いなく不満を覚えるため、よほどの理由がない限り避けた方がいいでしょう。

  • 海外から起用した選手があなたの母国語をまるで話さない場合、異国での選手生活に慣れるのがそれだけ困難になってしまうでしょう。実世界での監督たちの例にならって、同じ国出身の選手をまとめて何人か獲得するのも一手かもしれません。もっとも、そうした場合はその選手たちだけで派閥を作ってしまう危険性が伴います。

  • 特定の選手がホームシックに陥っている場合など、休暇を与えて個人的な問題を解決する猶予を与えることができます。ただし、故郷に帰った選手は再びチームに復帰してから前以上に孤独感を覚えることがありますので、これは必ずしも賢明な処置とは言えないでしょう。

  • このアプローチが有用なのは、休暇を与えた選手が一時的に満足した状態でチームに戻るため、移籍先のクラブを見つけてやるのが相対的に容易になる、猶予期間ともいえる時間を稼げる点です。それもそのはず、純粋に現在の契約ないしプロ選手としての状況に不満を持っている選手の方が、何もかもを不満に思っている選手よりも引き受け手が見つかりやすいからです。

0 件のコメント: