2007年6月1日金曜日

ヘルプメモ: 懲戒措置

「チュートリアル」(ヘルプ)より。


  • 重大な不祥事以外に対しては初回は警告のみにとどめておき、それでも再発した場合には(忘れずに)実際の処分を科すようにするのが賢明かもしれません。

  • (ノート)選手のプロらしからぬ行為を記録したり、警告を書き残すことができるので、再度同じような行為があった場合に、より重い罰を科すことができます。

  • ある選手が攻撃的でプロらしからぬ態度をとっている場合、試合でイエローカードやレッドカードをもらって出場停止になるという形で表面化するでしょう。

  • 過度ないし頻繁な処分は対象となった選手に不公平感を覚えさせてしまい、チームの他の選手たちにも波及する可能性がありますので、処分の理由および内容を慎重に選択する必要があります。

  • 一方でトレーニングに遅刻したりメディアで批判的な発言をする等の品行不良を処罰せずに放置したりすると、チームがあなたの采配を疑問に思うようになり、監督としての信頼度が低下してしまいますのでご注意ください。

  • 試合での成績不振を理由に選手を懲戒する場合は極力慎重に行いましょう。たとえ評価が点数的には低かったとしても、実際の試合ではいろいろと事情があるものです。好調な相手選手と当たったり、能力不足のチームメイトをカバーせざるを得なかったり、味方選手の退場の穴を埋めようと苦戦していたり、あなた自身の戦術が不適切であったり、あるいは単に調子が悪かっただけかもしれないのです。これらのいずれの場合でも、懲戒を科された選手は非常に強い不満を覚えてしまうでしょう。

0 件のコメント: