2007年6月1日金曜日

ヘルプメモ: トレーニング

「チュートリアル」(ヘルプ)より。


  • ゲーム開始時、選手たちはデフォルトの「一般」トレーニングをしていますが、個々の特性を伸ばすために最適とは言えないでしょう。

  • 過度なトレーニングや逆効果を招いてしまうトレーニングを続けていれば、選手の技能は落ちてしまいます。

  • たとえ一部の能力を伸ばそうとしているときでも、他の特性が下がることのないよう、ある程度まんべんない練習をさせるべきです。

  • (トレーニング-選手)すべての選手は個性を持っており各トレーニングスケジュールに対して異なった結果を示すため、この画面でチーム全体の練習成果を見守ることは大切です。個々の選手に合ったスケジュールを設定することはもちろん、負荷総量だけを選手ごとに調整しておくのも一手です。

  • あなたのチームに十分な質の守備コーチが居ず、その代わり攻撃のコーチングの質が十分であれば、攻撃トレーニングにより多くの選手を充て、向上した攻撃力を生かした戦術を採用したいと思うかもしれません。

  • チーム力アップのために、あなたのチームが必ずしも新しい選手を必要としないこともあります。このことを常に把握しておくことは重要です。コーチにより激しいトレーニングスケジュールを要求すると、選手たちの能力の著しい向上が見られることがあります。

  • (トレーニング概略)ここでの情報を元にスケジュールを調整すれば、トレーニングの効果を最大限に引き上げることが可能でしょう。

  • 一部の数値に減少傾向が見られる場合、トレーニングスケジュールでどのトレーニング項目がどの数値に影響しているかを確認し、該当する項目を見直すべきでしょう。

  • トレーニングスケジュールを変更する場合、時間的制約と肉体的トレーニングの性質上、特定の数値を優先させると他の数値が犠牲にならざるを得ない点を念頭に置くようにしましょう。この考え方に基づいて、個々の選手にとって比較的重要度の低い数値が犠牲になるように調整するといいでしょう。例えば、ストライカーであれば守備系の数値が多少下がったとしても、攻撃系数値が十分に伸びてくれるなら有用なトレードオフとなるわけです。

  • 新しいポジションに適応するための訓練によって、他のポジションでのプレイは不得意となっていくので、注意しましょう。

  • 左ウイングバックを右の攻撃的なウイングに変えるなど、極端なポジション変更は何年も掛かり天性のポジションとして完成されることはないため、避けるべきです。しかし、左/中央を得意とするディフェンダー(DL/C)に右サイドでのディフェンスを追加訓練することは、相反する能力を訓練する必要がないため、割合難しいことではありません。

  • (監督オプション)全チームの選手を現在トップチームで採用している戦術でトレーニングしたい場合、「現在の戦術を使う」をチェックして、控え選手に戦術に慣れさせ、トップチームで早くプレーできるようにすることができます。

0 件のコメント: