2007年6月1日金曜日

ヘルプメモ: 戦術指示

「チュートリアル」(ヘルプ)より。


  • 見返りが必ずある確実なフォーメーションなどは存在しません。あなたの選手に合っているものか、あなたの好みのプレイスタイルに合ったフォーメーション、または相手チームの弱点を突いたフォーメーションを選択しましょう。

  • 試合中の戦術やプレイスタイルを決める前に、選手のスキルや特性をチェックしてください。例えば、素晴らしい才能と創造力を持っている選手に自由を与えれば、その選手は大いに活躍するかもしれません。

  • 選手たちにはそれぞれ個性や得意なプレイスタイルがあり、ピッチでの状況も刻一刻と変化するため、あなたの指示に頑なに固執する、というようなことはありません。

  • 「プレイスタイル」の項を参考に個人戦術指示を出すようにすると、個々の選手の能力を最大限に発揮させることができるでしょう。例を挙げますと、チーム全体としてはロングパスに頼っている場合でも、短く単純なパスを好む選手にだけはロングを避けるように指示しておくと効果的かもしれません。

  • (セットプレイ)選手をポジショニングする時は、常に選手の能力を考慮に入れましょう。たとえば創造力の高い選手に直観力に頼らないプレイを指示すると、選手の長所が活かされなくなります。背の低い選手に相手チームの背の高い選手をマークさせることは、相当のリスクを呼ぶ行為です。

  • タックルの強さを「強く」に設定した場合、格下の相手なら選手の激しい執念と積極性で、相手を慌てさせボールを奪うことも度々あるかもしれません。しかし、同時に激しいタックルで、イエローやレッドカードをもらった選手に対しての対処も必要になるかもしれません。

  • あまりに肩に力が入った選手は、しばしばボールではなく相手選手にタックルしてしまい、レッドカードを受けてしまうでしょう。したがって、スキルやメンタリティがそぐわない選手に攻撃的な役割を与えるのは避けた方がよいでしょう。

  • 特に気性の荒い選手に激しいタックルを慎むように指示することで、審判からイエローカードなどをもらう危険性が低くなるでしょう。

  • 世界の強豪チームには大抵1人は突出して「攻撃を組み立てる」選手が居るものです。戦術画面から、選手をゲームメーカーにすることができます。ゲームメーカーには、ディフェンスの隙を突ける、創造性の高い選手を選びましょう。

  • 近年、多くの戦術で設定されているターゲットマンは、フォワードであり、ロングボールやダイレクトパスの目標となる選手です。通常は、プレッシャーを受けて守備的な戦術を取っているチームの突破口として設定されます。ターゲットマンを指定する場合は、ボールのコントロールに優れており、ミッドフィルダーが攻撃のサポートに戻るまでボールを保持できる選手を選びましょう。

  • ピッチ上でのあなたの代弁者として、選手たちを指導し咄嗟の際に判断をくだすチームキャプテンは、チームのモチベーションにとって重要な存在です。チーム全体の士気やパフォーマンスに影響するため、キャプテンは魅力とリーダーシップを備え、敬意を持たれる人物がなるよう、よく考えて選出しましょう。

0 件のコメント: